A-TEC

A-TECギャラリー モーターファン必見!

 

 

308GTB/GTS DOHC 2バルブ 90V8 2926cc 255bhp 最高速度 252km/h
1975
年デビュー。82年に4バルブのクワトロバルボーレ、'85年に3184cc328へと進化し、ウインカー、ドライビングランプを内臓したフロントグリルに変更される。イタリア本国では、過去の日本と同様2000ccを超える車は税金が高額だったため、1990ccターボの208GTB/GTS TURBOも存在した。

フェラーリのベストセラーのひとつである308GTBは、当初はピニンフアリナ・デザイン、スカリエツティ・コーチワーク[ボディ生産]によるFRPボディであった。308GTBのメイン・マーケットは北米であった。米国の排出ガス親制に対応しボッシュ社製K-ジェトロニック燃料噴射装置と気筒あたり4バルブを導入、308GTBはリファインされる。実用性乗りやすさを備えた結果、1980年代には、このフェラーリのエントリー・モデルは、ポルシェ911に代わって憧れの的となった。

モデル名 フェラーリ308GTB1975-85
生産台数 712台(308GTB FRP)     
2185
台(308GTBスチィール)3219台(GTS
エンジン 水冷V8 DOHC 2926cc最大出力 255PS 7600rpm

 

BACK