A-TEC

A-TECギャラリー モーターファン必見!
  
 スバルブランドの第1号車。いわゆる政府の「国民車構想」に呼応して生まれた360は、ヨーロッパの小型車にも通じる愛らしいデザインが特徴で、「てんとう虫」の愛称で長く親しまれた。

 全長は3メートルを切るコンパクトさ。モノコックボディ、FRP製の屋根、アクリルガラスなど、航空機技術を積極的に応用して、車重はわずか385キロに抑えられた。これだけのコンパクトサイズながら、大人4人が乗れるだけの室内スペースを実現したのも特筆すべきことである。

 エンジンは2気筒2ストローク。356ccの排気量で、16ps/4500rpmの最高出力を発揮した。一見非力なスペックだが、4人が乗車した状態でも最高速度83km/hを記録するなど、実用上はまったく問題のない動力性能を発揮していた。

 12年間に渡って製造・販売が続けられたが、今でも時折街を走る姿を見かける。見た目とは裏腹に、大変なタフネスを誇る名車だ。

 

 |BACK