A-TEC





 学園創立40年を向かえ中部国際自動車大学校は創立よリ5000名に及 ぶ優秀な人材を輩出してきました。ただ単に車を修理するのではなく、オーナーの心の悩みも同時に治してあげられるCAR−DOCTORとして、卒業生達は全国の自動車産業から高く評価され、不況下にあっても就職状況は大変好調です。
 この実績を基にこの度ダブルスクールの技能連携制度によって高等課程を開設する運びとなりました。クルマ好き、メカ好きな若い方々にこそ本校を自信をもってお勧め致します。

  

  



 ダブルスクールとは中部国際自動車大学校と科学技術学園高等学校のふたつの学校のことです。ふたつの学校は、学校教育法第45条の2の「技能連携制度」によって結ばれています。
 普通の高等専修学校では卒業しても高等学校卒業資格は得られません。しかし、「技能連携制度」を活用することで、本校で学ぶ専門科目は高等学校の単位としてそのまま認められます。また、科学技術学園高等学校で学ぶ普通科目の学習も本校がバックアップするので高等学校の卒業資格も取得できるわけです。
 創立40年の実績を誇る自動車整備士養成の専門学校である本校の自動車工学のノウハウと創立40年・10万人を超える卒業生を輩出した科学技術学園高等学校の通信制課程で学ぶことにより、三級自動車整備士受験資格と高等学校卒業資格の両方を3年間で取得できます。







 高等学校の通信制または定時制の課程に在籍する生徒が、教育委員会の指定する技能教育施設で教育を受けている場合、その教育施設における学習を在籍高等学校における教科の一部の履修とみなす制度をいいます。(学校教育法第5条の2)技能連携施設として指定を受けることができるのは、修業年限1年以上で年間指導時間数が680時間以上、教育の一定規模以上が高等学校教諭の免許状を有することなどの基準を満たす教育施設です。
 技能連携校の指定を受けた高等専修学校に在籍した場合、高等専修学校の卒業資格とともに連携先の高等学校の卒業資格を得ることができます。




 興味はあっても授業となると…
いくら好きな事でも心配や不安もあると思いますが、長年の実績を持つ本校ならではのカリキュラムは、全メーカー対応型の専門科目で最も初歩的な事から始まります。クルマやバイクの実習車両はもちろん、完備された実習施設で無理なく、楽しんで学べます。普通の高校生には、絶対不可能なキャンパスライフ。

  



 科学技術学園高等学校を卒業するのに必要な単位は、74単位です。そのうち国語や数学といった普通科目は同校の通信制を活用し44単位を修得します。残りの30単位は、本校の高等課程で学ぶ自動車の学習が高等学校の専門単位として認められます。 

         




 本校では、体力づくり、忍耐強い生活態度を身につけるため各自が求める活動を大切にし運動スポーツ、自動車分野での専門性を生かしたクラブ活動を奨励し、勉強と同じく充実したスクールライフを送れるよう努めています。学校行事として、春・秋と学生が希望する球技種目を選び、専門課程・高等課程共々、クラス対抗校内大会も実施しています。高等課程では、全国高等専修学校体育大会、駅伝大会、卓球・ハトミントン・自転車競技等に参加して自己の実力を試して自分を高めるための生活全てを直視する機会にし、クラブ活動に励んでいます。

  (詳細はこちらへ)
 2年次には北海道での研修が行われます。学園設置校の北日本自動車大学校には、より実践的な実習授業および課外活動を目的としてテストコースを設置しております。研修では全長900mのテストコースを使っての走行体験や、レーシングカーや二輪車、特殊車両の運転などを含めて実施しています。また、地元との交流として芦別健夏まつりの山笠に参加するなど、北海道校でしか味わえない様々な体験が待っています。


 (詳細はこちらへ)
 3年次には国際交流研修を実施します。これからの自動車分野に関わっていくうえでは、環境問題を考えていかなければなりません。美しい自然に触れその大切さを実感することで、環境問題に真剣に取り組むべき使命感が養われます。またホームステイを実施し、生活習慣の違いや現地の人とのコミュニケーションを体験することで、より視野の広い考え方をできるようにしていきます。




・3級ガソリン自動車整備士資格 (実技免除)
・3級ジーゼル自動車整備士資格(実技免除)
・3級二輪自動車整備士資格 (実技免除)
・3級シャシ自動車整備士資 (実技免除)
・危険物取扱者(丙種・乙種4類)
・ガス溶接技能講習修了

・アーク溶接作業特別教育修了
・詩吟資格(八雲流1段・2段)

 

専門課程へ進学し2級整備士取得後、1級整備士を目指すことも可能です。


  



 3級自動車整備士と高等学校卒業資格を取得することにより、自動車関連業(自動車整備工場・カー用品店・タイヤショップ・ガソリンスタンドなど)への就職も大変有利です。

愛知亜鉛鍍金(株)、(株)石丸自動車、(有)谷口電気、高砂工業(株)
帝国ピストンリング(株)、美濃工業(株)、極東開発工業(株)、(株)コーケン社
(株)新和工業、(株)中根モータース、陸上自衛隊 ほか

岐阜県高等学校ガイドブック

高等課程の詳しい資料が必要な方はこちらへ



E-mail:info@a-tec.ac.jp
Copyright(C) AUTOMOBILE TECHNICAL COLLEGE All rights reserved.