A-TEC 中部国際自動車大学校

施設紹介

ワクワクする環境で、
自らの技術を磨く。

たくさんの実習車を取り揃えた実習室や、世界の技術力に触れられるギャラリーなど、
クルマ好きにはたまらない教育環境を整備。実技面でも、各メーカーからの協力を得て、
最新の機器を用いた整備を学ぶことができます。

第6実習室

写真:第6実習室

幅広い種類の実習車を取り揃えた実習スペース。様々な自動車を整備する技術を、ここで身につけます。少人数のグループ毎に、一人ひとりの理解度に寄り添った実習を展開しています。実習車の車種にこだわらない上、年代を問わず修理・整備ができる教材として採用しています。また、各メーカーから新しいクルマを教材として提供されたり、技術講習会を受けることもあります。
広々とした実習スペースで5基のイーグルリフトを完備。現場により近い設備やシステムの充実した環境で、クルマと真剣に向かい合いながら学んでいきます。

ボッシュFSA総合診断機

写真:ボッシュFSA総合診断機

異常が発生したクルマは、車両に備えられているOBD専用のコネクターに、「スキャンツール」と呼ばれる診断機をつなぎ異常の内容を読み取ります。コンピュータに残された異常の記録を取り出し修理に役立てます。

第7実習室

写真:第7実習室

直列、V型、ロータリーエンジンから水平対向、二輪車まで、メーカー独自の技術があるように、工具もメーカーによって異なります。A-TECでは実習を通じ、各メーカー独自の技術を着実に取得。幅広い就職先の選択につながっています。

コンピューター総合車検システム

写真:コンピューター総合車検システム

総合車検システムとは、写真のようなローラーの上にタイヤ(4輪)を乗せ、スピードメーター検査・ヘッドライトの照度と光軸検査・前後ブレーキ検査・パーキングブレーキ検査の4つの検査を行うことができます。車検に必要な設備を学びます。

1級課程教室

写真:1級課程自習室

3年次では実務実習(インターンシップ200時間)と、自動車の点検整備・故障原因探求・総合診断などの評価実習700時間を行ないます。
2級自動車整備士との大きな違いとして、「次世代自動車への対応」「顧客対応」および「計数管理」「経営知識」「プレゼンテーション」などの科目を学びます。

多目的大ホール

写真:多目的大ホール

マルチメディア機器を備えた300人収容の多目的ホール。正面壁面に常設ホワイトボード、上方から移動型スクリーンなどを設置。入学式、卒業式以外にも講演会や研修会にご使用いただけます。

食堂

写真:食堂

200人収容の食堂です。昼食だけでなく、試験前の自主勉強や雑談などの休憩スペースです。今後はドライビングシュミレーターやWifi環境などカフェスタイルで学生の憩いの場となります。

図書室

写真:図書室

一般書物をはじめ、自動車各メーカー国内外の整備解説書や専門書が揃い知識技術研究に役立ちます。特に古い車の修理には欠かせない修理書が多数収蔵されています。
専門書を中心に、学習や資格取得に役立つ資料を収集しています。

学生寮

写真:学生寮

学校の敷地内にある学生寮はバス・トイレ付6畳のワンルーム。冷暖房完備の快適空間なので、プライベートな時間も有意義に過ごすことができます。近くには書店、コンビニ、大型スーパー、プレミアムアウトレットなど、遠方から進学する多くの学生を生活面からサポートする環境が整っています。

OPEN CAMPUS

A-TECをその肌で感じよう。